照度計の製作…Arudino Uncompatino本.やってみる。

標準入力シールドができると、あとはソフトウエアの勉強です。

[習うより、慣れろ]の精神で最終段階の照度計を試します。

image

p.88 照度計の製作例

照度計のスケッチ転送

image

cp_illuminater スケッチを開いて転送

image

すると、すぐにエラーになる。

見ると、「 Freq.h 」 が無いよ!という。
あれ、今までは .h ソースファイルで文句言われていないのに。

どっかにあるのでしょう。

本を見ても自分の環境と少し違うのでよくわかりません。

最初成功していたcp_Backlightスケッチの中にあった、<LiquidCrystal.h>はなぜ問題なかったのか。

image
Everything(ファイル検索ソフト)で探してわかりました。
LiquidCrystal.hは、IDEの中にあるarduino標準なんですね。 なるほど。

では、Freq.hはどこかにあるのか。

image

ありました。
本のサポート用に提供されているファイルの中にありました。(サイトからダウンロード)

image

T2Int.hもありました。

 

image

照度計のスケッチ、illuminaters.inoのフォルダに、include(包含する)に記載されているFreq.hとT2Int.hを置いた。

image

だめですね。 同じエラー。

.hはどこに置くのだろう。

image

image

image

image

結局IDEのlibrariesフォルダに、.hと.cppを置いたところ書き込み成功。

image

照度計として動作しました。

 

arduino nanoにブートローダーを書き込む

サブコンテンツ

広告

このページの先頭へ